トップイメージ

ショッピングもクレジットカードで支払うと保険になる:クレカに付いてくるショッピング保険は、クレジットカードである商品を購入するとそのクレカで入手した物を対象にかかる保険のことです。

手に入れたモノが損傷を受けたり盗難にあった場合などにその損害をカバーしてくれます。

特定商品のようなサービスが使用できない枠もありますが、日常クレジットカードを使用して購入すればこの保険が付くようになるため、可能ならば機会を見つけてクレジットカードを取り出して決済するようにするといいでしょう。

想像に難くないが、予想せずこういった困った状況に遭遇してしまった際に、こういった保険が付帯していたことを体験してもらえるでしょう。

カードに盗難保険があるから心配することなく財布に入れておける:カードそのものの盗難保険は各社で発行しているほとんど100%に近いカードにある保険。

なにげなく財布の中のカードを落としてしまったり複製された状況に生まれた損失をこれらのカード保険がサポートしてくれるんです。

カードによる決済は現金で支払うよりも怖い気がするからなぁというネガティブなイメージを持つ方々は多いですがこの盗難保険が付属している以上、カードは心配のない決済方法だと結論するのが自然でしょう。

カードの盗難保険は加入申し出など全く不要なため、リラックスしてクレカでショッピングをしてみるのをお勧めします(紛失等、問題が起こった時に申請すれば適用を受けることができる)。

加えて、変わった付帯保険も多数:クレジットカードにより様々な補償内容や項目サービスが選択できるので検討の際にはしっかりと検討中のカードの窓口に尋ねてみるといいでしょう。

例を示すならば・シートベルト傷害保険(シートベルトを装着している際に事故に遭遇したら適用される)・スポーツ傷害保険(試合等、スポーツをしているときに他のプレイヤーを傷つけてしまった際に該当)・ゴルフ保険(ホールインワンやボールが他人の所有物を破損させた場合などにあたる)・クレジット債務免除サービス(カード使用者が死亡した際、決済金額を免除してくれる)というような保険があります。

例にあげたもの以外にもカード会社によってはカスタマイズ可能なオプションも多いことから生活スタイルにふさわしいカードに付いている保険を探してみたりするのもクレジットカード選択には良い探し方なのかもしれませんね。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.