トップイメージ
特定調停というのも任意整理と同じように貸方に対して支払いを行っていくことを前もって決めた借金を整理していく形となります。他の表現でいうなら裁判所における債務の整理といえます。特定調停による方法も任意整理による方法と似ていますが破産手続きと違い特定のお金のみをまとめることが可能なため、連帯保証人が付く負債額以外だけで手続きしていく際や自動車ローンの分以外だけを検討したい場合なども活用することが可能ですし全ての資産を手放す必要がないため、クルマやマンションなどの財産を持っているものの、手放してしまいたくない場合でも選択肢になる債務整理の手順となっています。しかし、今後の返済に必要となる額と実現可能な可処分所得を比較検討し、適切に返済の目処が立てられるようなら特定調停での処理を進めることに問題ありませんが自己破産とは違い負債自体が消滅してしまうということではないため、元金の量がかなりある状況の場合実際問題として特定調停による選択肢を選ぶのは困難であると考えるのが無難でしょう。それから、この方法だと裁判所という機関が中に入るため司法書士等に見てもらわなくても不利な立場に立たされることはないという点や手続きのための諸費用を圧縮できるという点はありますが債権者からの督促に対して自ら応対していく必要がある点に加え実際の裁判所に数回通う必要があるという注意が必要な点もあります。また、任意整理による手続きと比べてのことですが、この方法により和解に達しないときには利息をすべて含めた状態で返済していかないといけないことや結果的にそれら債務者に対して返すお金が任意による整理と比べて割増しになることがあるなどの注意が必要な点もあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.