トップイメージ
自己破産の申告をしてしまうと会社の社員たちに発覚してしまったらもう顔も合わせられない、などと不安に思っている方がいるようですが自己破産の手続きを実行してしまっても公的な機関から勤務先に督促が直接いってしまうことはないので普通の状況なら秘密がばれてしまうということはないでしょう。一方、通常のケースでは自己破産というものの申し立ての後であれば、業者から会社の同僚に督促の手紙が送付されるようなことはありません。しかし自己破産の申立てを裁判所に実行してしまうまでの期間に関しては貸し主から自分の部署に連絡がいくこともあり得ますからそういった経緯で秘密がばれてしまうようなことが十分にあり得ますし、給料の押収をされてしまうと当たり前ですが勤め先に発覚するという事態になってしまうことは避けられません。これに類することに対する不安がどうしても頭をよぎるのであれば専門の司法書士あるいは民法の弁護士などに自己破産の実行を任せてみるという解決手段をひとまず検討してみるのが賢い選択かもしれません。専門の司法書士あるいは弁護士などといった専門家に委任をするケースだとすぐに全部の金融会社に受任通知を知らせる書類送付しますが、そういった受任通知が到着したのちは債権保持者が自己破産申請者を対象として直接返済の督促を返済の催促をしてしまうのは固く違法とされ禁じられているため部署の人間に気付かれてしまうこともあり得ません。加えて自己破産というものにより現在の会社を辞さなければいけなくなるのか否かという不安にお応えしますと役所の戸籍ないしは住基カードなどに掲載されるということはまったくありませんゆえに、普通だとするならば上司などに知れ渡ってしまうなどということはありません。例え、自己破産手続きを申し立てたことが上司などに発覚してしまったとことろで自己破産というものを口実にやめさせるなどということは考えられませんし職を辞すことも一切ないのです。しかし破産の申立てが勤め先に秘密が明らかになってしまうことで会社に居づらくなってしまう退職してしまうことがままあるというのも事実です。給金の回収について、民事執行法の中で差押禁止債権として給料、賃金といったものを規定しておりこのようなお金に関しては1月4日しか差押を認めてはおりません。つまり、それを除く7割5分を没収を行うといったことは許されていません。加えて民事執行法では、一般的な世帯の最低限の経費を設定して政令で基準(三十三万円)を定めていますのでそれを下回るならば4分の1にあたる金額だけしか差し押さえられないように制定されています。だから債務者がそれを越えて給金を手にしている場合は、その金額を上回る給金に関して全額接収することができるのです。ただし破産に関する法律の改定によって返済に対する免責許可の申立てがあり、破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止決定といったものが決まり自己破産申請の終了が既に決まっていれば、借財の免責が認められ確定するまで、破産者の財産について強制執行、仮押え・仮処分の適用などが許されなくなるのですでに執行された仮処分についてもストップされることになりました。また、免責が決定、確定をしたならばすでになされていた差押えなどは実効性を失います。

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.