トップイメージ
特定調停という方法も任意整理と同じようにそれらの貸し手への支払いを続けていくことを前置きとした借金を整理する手順となります。わかりやすくいうと裁判所が関与する任意整理と考えればいいでしょう。任意整理と同じく破産申告とは違って一部の負債のみを整理することが可能なため、連帯保証人が関連する借金を除いて整理をしたい際や住宅ローン以外で処理したい場合などでも申請することも可能になりますし築き上げてきた財産を手放してしまうことが求められていないため、クルマやマンションなどの財産を持っていて放棄したくない場合にも選択肢になる借金整理の方法といえます。いっぽうで、手順を踏んだ後返済する額と可処分所得をかんがみて適切に返済の目処が立つのであれば特定調停での手続きを進めていくことは可能ですが破産手続きのように負債自体が消えてしまうのではありませんので借りている金額がかなりになる場合には特定調停の手続きを進めることは困難になるということになるでしょう。また、特定調停は公の機関が間に入ってくるので専門家にゆだねなくても不利になることはないということとか、手続きの費用を圧縮できるというメリットは注目できますがきびしい取り立てに債務者本人が対処しなくてはいけない点とか文字通り裁判所に幾度も出頭する必要がある等の注意が必要な点もあります。なお、任意整理による解決との比較点ですが最終的に同意が得られないような場合は金利をすべて含めた計画で払っていかなければいけないといったことやあとから見れば債権を持つものに対して返すお金が任意による整理と比べて増えてしまうことがあるといった注意点もあります。

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.