トップイメージ
特定調停という手段も任意整理による方法と変わりなく、おのおの債権を有する者に返金を続けることを選択した借金を整理していく選択となります。わかりやすくいうならば裁判所が関係する負債の整理ということができます。特定調停による方法も任意整理と同じく、破産申告とは異なって一部の負債だけを処理していくことが可能なため、保証人が付く借金以外だけで手続きする時や自動車ローン以外だけを手続きしたい場合なども活用することが可能ですし、全ての資産を放棄してしまうことは要求されていないため、マンションなどの財産を所有しているものの、放棄してしまいたくない場合においても活用できる借金整理の手続きになります。いっぽう、手順を踏んでからの返済金額と現実として可能な給与等の収入を比較検討し、妥当な範囲で返済が見通せるようならこの方法で手続きを進めていくことは問題ありませんが破産申告と違い借金そのものがなくなるわけではありませんので、借金の合計がかなりになる状況の場合、残念ながらこの方法で手続きを進めることは困難であるということになります。また、この手順は司法機関が介在しますので弁護士などのプロに頼まなくても立場が弱くなる心配はないという点とか、手続きのための諸費用をおさえられるという点は注目できますが、各債権者からの督促に対して本人が処理しなければならないことに加え、文字通り裁判所に幾度もおもむくことになるというような覚えておきたい点もあります。さらに、任意整理との比較点ですが、和解に達しないような場合は年利をそのまま付けた計算で払っていくことになるといった点やあとから見れば貸し手に対して返していく合計が任意による整理よりも割が合わない場合が多いというような点もあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.