トップイメージ
そもそも、一般人が破産を申告するまでの間は返済者その人へ対する電話使用の取り立てと返済者自宅への訪問での徴収は違法にはならないということになります。破産に関する手続きに進んで以降、申請までに時間があったケースには債権者は強引な収集をやってくる危険が増加します。債権者サイドにとっては借金の払込もしないまま、そのうえ破産などの法律上の対処もされないという状態であれば企業内部での処理をやることが不可能になるからです。債権保有人の一部は専門家に結びついていないと気づくと、大変強引な締め上げ行為をしてくる会社も存在しています。司法書士法人もしくは弁護士の人に助力を求めた場合、一人ひとりの債権保持人は債務者に取り立てを続行することが不可能になります。要望を受け取った司法書士の担当者か弁護士事務所は依頼を受けたと記載した通知を各取り立て屋に送ることとなり、各権利者がその文書を見たとき負債者は取り立て屋からの危険な収金から自由になるという流れになります。なお、取り立て業者が会社や父母宅へ行く取り立ては借金に関する法律の規程で許されていません。貸金業で登録済みの企業であれば父母宅へ訪れての返済請求は貸金業法規制法に抵触しているのを把握しているのでその旨を言えばそういう類の徴集をし続けることはないと思います。自己破産に関しての申し立て後は申請者に向かった返済要求を入れて、徴集行為は認められなくなります。だから、債権者による支払い請求行動がすべてなしになることとなります。といっても中には禁止と知っているのにやってくる債権者もいないとは断言できません。事業として登録を済ませている業者であれば自己破産の手続きの後の返済要求がルールに反しているのを理解しているので、違反であると言ってしまえば、そういう集金を継続することはないと言っていいでしょう。といっても、闇金融と呼ばれている登録外の取立人についての場合は、危険な返済請求のせいで被害者が増え続けているという現実があります。闇金融が取り立て業者の中に存在するときにはどんな理由があれ弁護士それか司法書士などの専門家に連絡するようにするのがいいです。

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.