トップイメージ
基本的に、ある人が破産を要請するまでの期間は債務者個人に直接の電話によった借金回収と、負債のある人の住んでいる家への直接訪問によった収集は法律無視ではないということなのです。また、自己破産に関する事務手続きに進んだあと実行までに時間が費やされてしまったケースでは債権者は強行な収集を行う可能性が上がります。債権保持人側としては返納もせずに、かつ自己破産といった公的な手続きもしないという状況だと会社の中で完了処理をなすことが不可能になるからです。また、債権保有者の中では有資格者につながっていないとわかったならかなりきつい返済請求行為をしてくる業者も存在します。司法書士法人や弁護士の方に頼んだ場合、一人ひとりの債権保持人は当人に対し直接要求をすることが不可能になります。要請を伝えられた司法書士法人あるいは弁護士は受任したという中身の通知を各取り立て屋に送り、各権利者がその書類を受領したときから債務者は取り立て屋からの強行な徴集から逃れられるわけです。ところで、会社や親の家へ訪問する返済要求は貸金に関する法律のルールで認められていません。貸金業であって登録が確認できる業者ならば職場や親の家へ訪れての返済要求は法律に違反するのを理解しているので、法に反していると伝えてしまえば、法外な返済請求をやり続けることはないと考えられます。手続き後は破産者に対しての徴集を含めて例外なく返済請求行為は禁止されていますので、債権者による集金行動はすべて消えてなくなるということになります。といっても、たまにそのことを知りながら訪問してくる業者もゼロとは言い切れません。事業として登録を済ませている会社ならば、自己破産の申し立て後の返済請求が貸金業法規制法のルールに違反しているのを理解しているので、違法だと伝えれば、そういう類の取り立てを継続することはないと考えます。けれど闇金融と呼ばれる登録しない会社に限ってはこの限りではなく、法律無視の集金のせいで被害者が増え続けている状況です。闇金融が債権者の中に存在するケースではどんなときであれ弁護士事務所それか司法書士法人などの法律屋に救いを求めるようにするのがいいといえます。

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.