トップイメージ
破産を考えている人で抱えている借り入れに対しその保証人となる人がいるときには、事前に連絡しておいたほうがよいでしょう。ここで、強調しておきますが、ほかに保証人が付いているときは自己破産前にきちんと考えた方がいいでしょう。その理由はあなた自身が破産手続きを出してOKが出れば保証人になっている人があなたが作った返済義務をまとめて負うことになってしまうからです。ですので、破産手続き前にあなたの保証人に、それらの詳細や現状について説明しつつ謝罪をしておかなくてはいけないでしょう。そういったことは保証人の立場で考えると当たり前のことです。負債者のあなたが破産することによって、とたんに支払い義務がふりかかってくることになるのですから。そして、それからの保証人となる人の選ぶ手段は4つあります。一つの方法はその保証人が「みな支払う」ということです。あなたの保証人が借金をラクに返せるようなお金を持っているならば、これが可能でしょう。そういう場合はむしろあなたが破産せず保証人である人に立て替えを依頼して、あなた自身はあなたの保証人に毎月返済していくという手順も取れるのではないでしょうか。保証人が良いパートナーであるのならある程度弁済期間を延期してもらうことも不可能ではないかもしれません。保証人が耳をそろえて完済ができなくとも相談により分割支払いに応じてくれるかもしれません。あなたの保証人にも破産手続きされると借金がなにも返ってこない可能性があるからです。その保証人がそれらの借金を全額支払う経済力がないなら、お金を借りたあなたとまた同じくどれかの借金を整理することを選択が必要になります。続く方法は「任意整理をする」ことです。この手順では債権者側と話し合うことにより、3〜5年の期間内で完済していく感じになります。この問題で弁護士に依頼する場合のかかる経費は債務1件ごとに4万円ほど。もし7か所からの負債があるとしたらだいたい28万円必要です。必要な債権者との示談を自分でチャレンジすることもできないことはないですが法律や交渉の知識がない人の場合向こうが自分たちに有利な提案を押してくるので、注意する必要があります。ただ、任意整理をするという場合もあなたは保証人に借金を負担してもらうことになるのですからたとえ少しずつでも保証してくれた人に返していく義務があるでしょう。次は保証人となる人も借金した人と同じように「破産申告する」という選択です。その保証人も返せなくなった人とともに破産すれば保証人となっている人の責任も消滅します。ただ、有価証券等を所有しているならばそういった個人財産を没収されてしまいますし証券会社の役員等の職業についているのであるならば影響が出てしまいます。そのような場合、個人再生制度を活用するといいでしょう。最後の4つめの手段は「個人再生という制度を利用する」方法についてです。マンション等を処分せずに借金の整理をしたい場合や自己破産では資格制限がある業務についている方にメリットのあるのが個人再生制度です。個人再生なら自宅は処分が求められませんし破産申し立ての場合のような職種にかかる制限資格制限等はありません。

リンク

Copyright © 1998 www.foodnichecollective.com All Rights Reserved.